スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

メカ少女の描き方講座00【導入編】。

pixivとかを巡っていて、意外と見ないなぁ、と思ったメカ少女の描き方。
MS少女とか描いてる方は結構見ますが、やはり解説は殆ど見つからない。

でですね。『無いなら作ればいいじゃない!』という悪魔の囁きに身を委ね、僭越ながらやらせて貰うことにしましたw

それにですね、『キャラクターが描けてもメカが描けない!』とか『メカ少女ってどうやんの?』って思う人って結構多いんじゃないでしょうか?
イラストとかデッサンなんかにもありがちですが、描けてる人の意見や説明はやはり役に立たないコトが多い訳ですよ。

メカ少女の描き方教えて!→A『女の子に装甲をくっつけるだけでしょ?』 B『元機体の特徴をキャラに落とし込めば出来るよ、簡単。』→( ゚д゚)<ソレガデキナインデスケド…

という経験のある方は少なくないはず。



そういった方にも是非、これを見て役立てて頂けたらなーと思います。
逆に、描ける方は『こんな方法もあるぜ!』とか教えて頂けるとありがたいです。








メカ少女の描き方について。

まず始めるにあたって、題材とするメカ(人型ロボット)を大まかな分類に区分けしておきます。
何故かというと、機体によって細かな差はあるものの、基本的なパーツ構成はどのロボットでも大きく変わる事がないからです。
つまり、大まかなプロポーション、関節配置に応じたテンプレートを予め用意しておくコトが、この区分けの目的となります。

此処では大きく三つの種類に分けます。

・先ずは『人型』。「一般的にロボットと呼ばれる」二足歩行兵器よりのプロポーションです。
あくまで人型で有って『人間型』ではありません。
大きな特徴としては、胴と呼ばれる部分の比率が人間を大きく下回り、逆に前後幅が大きくなっている事。
背骨と呼ばれる存在が体を通っていない事、股関節や肩関節が半固定されているため、
可動域が人より小さい事などが挙げられます。

メカ少女用、分類1

具体例:モビルスーツ、バーチャロイド、アーマードコア二脚タイプなど。



・次は『人間型』。名前の通り「人型以上に人間に近い」プロポーションを持つ機体です。
主な特徴は、上に挙げた関節構造や体のバランスがほぼ人と同等であることと、
そのため、人を描くための知識をそのまま流用する事が出来、
逆にアレンジを加えることなくメカ少女を描く事も可能であるという点です。
これだけだとかなり楽そうに聞こえますが、同じモチーフだと個々人のアレンジがモノを言うので、
完全にそのまま着せるだけ、というのはあまりオススメしません。
ちなみに、アームスレイブは『人型』寄りですが、
プロポーションに関してはこちら寄りという、少し変わった立ち位置のデザインとなっています。

メカ少女用、分類2

具体例:エヴァンゲリオン、オービタルフレーム、一部バーチャロイド(エンジェラン、フェイ・イェンなど)



・最後は『特殊型』。アーマードコアで特に多く見かけるタイプで、四脚や逆関節、タンクやフロートなど、
人の姿からかけ離れた機体です。
主な特徴は、上半身もしくは下半身のプロポーションが『人型』と共通のモノが多いこと、
脚部に相当する部分が人の脚ではない、上半身から股関節までが一つのパーツであるなど、
それこそ機体の数だけバリエーションが存在します。
人間型とはまた違う意味でアレンジが重要になり、上二つよりも難易度そのものは上と言っていいでしょう。

メカ少女用、分類3

具体例:アーマードコア、一部モビルスーツ(ジオン水泳部、ガンタンクなど)、一部アームスレイブなど。



以上三つが、大きな分類となります。



◆手順00:ネタ決め。◆

これは描き始める時点では皆さん決めているコトだと思うのですが、解説にあたっては此処も含めてお話しさせて頂きます。
此処で行うのは一つ、『何を擬人化させるか』を決めることです。
練習用に簡単そうなものを選んでもいいですし、描きたいモノを描くのも大いにアリです。

今回は、上に挙げた分類三種の解説と言うことで、

メカ少女用、手順0

人型:ガンダムVer.Ka

人間型:ジェフティ(ANUBIS)

特殊型:アフターペイン(アーマードコア3)

と、三つのタイプからそれぞれ一機ずつを選んで擬人化したいと思います。



◆手順01:バランス調整。◆

先ずは参考にする機体と人のバランスを比較します。
人で言う股関節はどの辺りになるのか、関節はどう違うのか、肩はどう繋がっているのかなど、
立体物などで確認しておくと後が楽になります。
この時点でどういう装甲の構成にするのかを、頭の片隅で考えておくと良いでしょう。

これはどちらかというと、メカを描く場合の方が役立ちそうですけどw

しかし、このバランス確認が後の擬人化作業の際に何度も必要になってきます。


人型の場合。最初の説明にもあるとおり、人と言いつつも人間のプロポーションとは結構違います。
バランス調整の際は、胴体の縦幅を基準にすると人と参考にする機体とのプロポーション差が解りやすいです。

メカ少女用、手順1


人間型の場合。見てのとおりトレースすら可能な程の人間っぽさ。擬人化しやすいといった理由は此処にあります。

メカ少女用、手順1-2



特殊型に関しては機体の数だけプロポーションがあるので、ひとくくりでの解説は出来ませんが、この分類に分ける際の一つの基準としては

『胴体周辺が 頭、首、胸、腹、腰 の五つのブロックで分けられない、もしくは配置が著しくヒトと異なること』

『脚部の構成がヒトと異なること』

主にこの二つです。

というか一つ目が特に大事ですけどね。
二つ目は脚部構成(四脚だとかタンクとか)だけに限った話ですので、一つのテンプレートがあれば意外と流用が効くものなのです。




とりあえず、今回は導入編ということでここまで。
この三つの分類と、それぞれの大まかな特徴を押さえておくと後々便利になりますよ。
次回からは本格的に開始と言うことで、頭部及び胸部の解説を行いたいと思います。
スポンサーサイト
No title
コメは初めてとなります、砂漠の狸と申します。

かつてはリアルメカそっちのけで兵器の擬人化絵とか描いていた時期もありましたので色々書かせていただきまする。長文お許し下さい。

確かにメカ擬人化は簡単に「こうやって描くんだぜ!」と言っても感性をある程度鍛えていないとサッパリ理解できない点がありますからな・・・

その点今回のKOU氏の解説は非常に的確だと思います。
一般的に擬人化絵は参考書みたいなのが存在せず、ネットや雑誌、フィギュア等で既存の擬人化娘をかき集めて参考にするしか無かったので、みんな手探りで擬人化のコツをつかんでいった感がありますし、「あのメカを擬人化したいがコツがわからぬ!」という方の参考になると良いですなァ。

ちなみに私が参考にしたのは兵器擬人化の第一人者ともいえる島田フミカネ氏の絵であります。最近だとストパンとかですな。
・・・まあ人型メカ擬人化とは話が若干ずれてしまって申し訳ありませぬが・・・

「既存の擬人化娘の絵を見てコツを知る」という方向で言えば、イカロス出版から発行されとる「MCあくしず」なる雑誌が参考になると思われます。
戦車や兵士、航空機や戦艦を全部女の子にしてまえ!といったノリの雑誌なので、人型でないのメカの擬人化ならお任せといった雰囲気です。
ついでに軍事ネタの勉強になりますし、濃い記事も多々見受けられます。
人型とそれ以外では擬人化のコツは異なりますが、人型でないメカを擬人化できるようになれば人型メカの擬人化のコツも掴めるようになるでしょう。うん、多分。

by: 砂漠の狸 * 2010/10/13 22:30 * URL [ 編集] | TOP↑

No title
はじめまして。コメントありがとうございます。

確かに擬人化の参考になるものって殆どありませんでしたよね。
それこそ砂漠の狸さんの言うような『他の絵師さんによって描かれた』擬人化を参考にする位しかないですし、そのプロセスを解説した書籍なんかはありませんでしたし。

描き始めの頃は結構悩んだ記憶があります。

今回は、あくまで『人型のロボットを擬人化する』やり方の解説なので、フミカネ氏やMCあくしずに関しては一例として触れる程度になります。
それに、駒都えーじ氏の擬人化を参考にしてやってきた分、僕自身あまり得意としていないので詳しい解説は出来そうにありません。

ですが、『その元ネタをそれたらしめる』特徴を捉えてヒトに投影する、という点では擬人化はどれも同じなので、擬人化絵師の方を紹介したり、書籍を紹介するのはいいかもしれませんね。
by: Notice(KOU) * 2010/10/15 15:48 * URL [ 編集] | TOP↑
















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。