スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

・・・えーと。

最近どうも成長できている気がしません。
絵を描いては消して、描いては消しての繰り返し。
スランプ、とはちょっと違うみたいですが、全く上達した気がしないんですよ。

一線を越えられないというか、壁に突き当たって動かないと言うか・・・

「これだ!」と思う瞬間が来ないんです。脳内のイメージとぴったり合致する瞬間が。



きっかけを掴むために作業手順を再確認したり、他の方のイラストから塗りや表現を盗もうとしたりもしてるんですけど・・・作業中の分もあるのに。そろそろ一旦離れた方が良いのかなぁ・・・。



直に上達の兆しでも見えるとは思いますが、そこまでの余裕があるかどうか・・・。



P.S.ちょっと追記があります。大した話でもありませんし、楽しい話ではありませんので、少しご注意下さい。






上で『余裕』がどうとか書いたり、前回のPCの『フクザツな事情』、とか言いましたが。







それに関して、ここ数週間で、ちょっとだけ吐き出したい事が出来ました。







・・・えーと、ですね。先週、その、大学の方に『退学届』を提出してきたんです。



大学の講義の体制が少し、合わなかったと言うのもちょっとだけあるんですが、他に大事な理由もありまして。

僕の家って母子家庭だったりするんですよ。
もう少し正確に言うと、両親が離婚していて、兄弟二人、母方で生活しています。
そして、父と母はもう完全に絶縁状態でして。学費云々の援助はありませんでした。


実は、今使ってるPCというのも、父から餞別代わりに貰ったモノだったりします。
イラストやCGをやる上で最低限必要なスペック、ソフトを揃えて。

たったこれだけの事で、実際には複雑と言うほどではありませんが・・・正直、軽く触れたい話でもありません。
今でこそある程度割り切ってますが、笑い話にはなり得ない記憶ですから。



まあ、そんなこんなで、講義の合間にやっていたバイトと奨学金と合わせて。
何とか、二年近く大学生やってました。



大学は私立で、学費も掛かります。それに、弟の進学もあります。
どのみち、ウチで二人分の学費は無理があったんですよ。
弟の進路を考えると、「諦めろ」とはどうしても言えませんし。


それにですね・・・必ずしも大卒である必要がないのなら、こちらが身を引くべきじゃないかな、と思って。




正直な話、もう少し早く決断するべきだったんじゃないかと思います。
弟が進学するつもりなのも解ってましたし、遅かれ早かれ学費が払えなくなる事は予測できていたんですから。
我が侭だったんですよね、もう少し「学生」で居たいって言うのは。




届が受理されるまでは、もう少しだけありますが、その「もう少し」の間は。





・・・学生のフリをしていたいな、と。





そう思います。
スポンサーサイト
No title
上達の打ち止め期には私も絶賛到来中です。
絵は右肩上がりではなく、階段式に上達するとは良く言われますが、わかってても絵描きにとって辛い時期ですよねぇ・・・
学校課題として、様々なシチュエーションやレギュレーションで絵を描く機会を提供されてる立場ですが、これがなかなかいい刺激になってると感じます。
なので、普段とは違ったアプローチの絵を試したりするのもいいかもしれないかと。
別の場所で培った技術が思いのほか流用出来たりして「ウホッ」ってなるかも?

パソコン>
前回コメントが結果的に茶化すようなコメントになってしまってたようですね・・・知らなかったとはいえスミマセン・・・
私の友人にも学費稼ぐために働きまくりながら学校来てる人がいるので、「兄弟の学費と家計の面倒を見つつ」という状況の維持の難解さについて、その一端を窺い知ることはできそうです。
なんというか・・・一緒に切磋琢磨したいなぁと漠然と思ってましたが、今でははっきりと応援したくなりました。
頑張れとは言いません、ただ、Noticeさんがたくさんの幸せに包まれることを願います。
by: ヒップホッピー * 2010/06/21 05:11 * URL [ 編集] | TOP↑

No title
何度か通過した事ではあるんですけど、それでも慣れないというか、どうにもキツイですよねぇ・・・。
僕の場合は初心に返ってデッサン練習とか、基本の反芻がメインですが、そういうのもアリですか。


パソコンの事に関しては、まあ、気にして頂かなくて構いませんよ。
上にある通り割り切りは出来てますし、振ったのも自分ですからね~。
・・・自分で振っておいて「触れないで」は虫が良すぎると思いますよ、我ながらw

稼ぎながら、というのは確かに厳しいですよね・・・
そもそも片道二時間掛けて通学してましたし、大学の近所に一人暮らしって選択肢を持てるほど家計に余裕があった訳でもなし。
どのみち通った道ですから、振り返る気は毛頭ありませんが。


・・・そう言って頂けると励みになりますね。
絵に関しては、これまで以上に頑張ろうと思いますので、・・・僕からは、感謝の言葉を。
ありがとうございます。
by: Notice(KOU) * 2010/06/21 14:19 * URL [ 編集] | TOP↑
















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。