スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

ACVプレイ記その2。『傭兵&ストーリーミッション編』

という訳で第2回、傭兵プレイ&ストーリーミッション編です。

PS3側のβテストは今日を含めて残り4日ですからね! サクサク更新していきますよー。


本文は追記から。

ということで先ずはストーリーミッションから。



今回のACでは、『シティ』と呼ばれる名も無き都市の指導者『代表』と、代表による独裁的な支配体制に抵抗する地下住民達の組織『レジスタンス』との争いがメインとなります。
主人公はレジスタンスに雇われた傭兵であり、彼等と共に代表や彼の私兵となった警備部隊と争う事になります。



しかし、主人公は本編(ストーリーミッション)以前は代表(シティ)側に雇われていた事もあるようで・・・その辺りで一悶着あるかも知れません。

物語に関してはこんな所で。



続いてキャラクターですが、今回もクセのある方々が揃っている模様。

今回のβテストでお声を聞けたのは、ロザリィ、フラン、レオン、RDあたりでしょうか。

その辺りの方も軽く触れておきましょう。



フラン:レジスタンスのリーダー。前リーダーの娘で、父の意志を継ぎ、レジスタンスを率いて頑張る人。
判断力や冷静さに欠けていて、リーダーには余り向いてないそうな。一介の傭兵に過ぎない主人公の身を案じてくれる優しい人。ちょっと凛々しいフィオナさん的な感じかな?


レオン:イカしたオッサン。フランさんのサポートをしつつレジスタンスを指揮する人。こちらはフランさんとは対照的にドライな感じがします。

ロザリィ:CBT内のストーリーミッションではオペ子的なサポートをしてくれたりガレージポイントを『有償』で使わせてくれるミグラント(作中での行商人の総称。兵器の売買もやってるそうな。)姐さん。シーラさんよりもお金大好き。商売人の鏡ですねw
砕けた話し方が特徴です。

RD:ロザリィのパシリ、子分。CG浪川。弱気というかヘタレ。危機察知能力が高いらしく、ミッションでは増援が出てくる直前に反応を見せたりとかしています。
ロザリィさんに「ほらRD、さっさとジュース買ってきなー」とか言われてアゴで使われてそう。



とりあえずこんな感じです。で、ミッションの方ですが



ストーリーミッション01

こちらの通常モードと



ストーリーミッション02

こちらのスキャンモードを随時切り替えてミッションを進行する事になります。


今回この『モード切替』という物が非常に重要な役割を持っていまして、これをどれだけ使いこなせるかが、対戦やミッション攻略の鍵となりそうです。あとは、ミッション毎に最適解となるアセンブリを構築できるか、ですね。高速戦闘や移動でのEN節約と、ミッションに適したアセンブリ構築、重要な部分は今までのACと同じですので、ストーリーミッション、オーダーミッションに関しては変に意識する必要もなさそうです。



そしてストーリーミッションの大きな特徴と言えるのが、作戦途中での小目標変更。

ストーリーミッション03

小目標を順にクリアしながら一つの大きなミッションをクリアしていく形になっていて、節目となるエリアにガレージポイントがあったりもするでしょうし、ダメージが大きくなればマメに回復という手段をとってクリアするの可能かと思います。

ちなみにガレージポイントでは、弾薬、APの補給やアセンブルの変更が可能となっており、長期戦が予想されるストーリーミッションでは欠かせない存在となっています。ただし、一定範囲以内に敵がいない事、必要金額を満たしている事が使用条件であり、それを満たせないと降りてきてくれません。

ストーリーミッション_ガレージポイント  ストーリーミッション_ミッション中アセンブル



まあ、長いミッションとはいえCOOPや傭兵プレイも出来るようなので、クリア不可能なほどストーリーミッションは難しくないんじゃないでしょうか。




お次は傭兵システム。

傭兵システム

こちらは、プレイヤーそれぞれが自身を傭兵として登録し、他のプレイヤーが登録されたプレイヤーを雇うというシステムです。


傭兵システム02

基本的に、雇われる側は登録した後は待ってるだけなのですが、傭兵として登録する際にも機体のカメラ位置を変えたり、一言コメントをつけたりなどの変更が可能です。そして、仕様として『ボイスチャットが出来ない』ので、ゲーム中は無口になるタイプの人や、ボイスチャットで話す事が苦手な方でも気楽にプレイできます。

登録して、一緒に戦闘して、報酬が出て、別れて終わり。かなりあっさりとした感じになるので、対人戦で緊張してしまうという人はこちらメインでプレイするのもアリかも知れません。

ただ、CBTだと、金銭的にはかなり修羅の道でした(白目

あと、『ボイスチャットが出来ない』には、こちらから話せないでだけではなく、向こうの声も聞こえません。

つまり、オペレーターの指示は聞こえないという事、スミカ・ユーティライネンです(´・ω・`)ノシ





実際、難しそうだとか、ややこしそうといわれていた操作自体には結構直ぐに馴れてしまいましたし、単純な操作テクニックという面での忙しさはかなり軽減されたと思います。

ただ、やはり『これまでよりやる事が多い』のは確かです。対戦の際には、レーダーがない事も相まって視覚での補足がこれまで以上に重要になってきますし、チームメンバーの動きも頭に入れた上で立ち回らなければならなかったり、スキャンモードで敵機体の弱点属性を調べて武器を持ち替えたり、味方に任せたりといった状況判断、リコンでの索敵など、操作技術じゃないところで忙しいので、慣れない内は対戦もやはり難しいかと思います。

ですが、そういった取っ付きにくさを越えれば、策が嵌った時の楽しみや、敵の戦術の裏をかく楽しみなども出てくるので、面白いゲームになると思います。

しばらくはパーツバランスの調整が必要かも知れませんけどねw


次は対戦編。あと、オペレーターはまだ未経験なので、触る機会があればそちらでの記事も書こうと思います。


文章中で使用しているスクリーンショットの著作権はフロムソフトウェアへと帰属します。
そのため、転載、盗用、切り抜き(トリミング等)の一切を禁止させて頂きます故、何卒ご了承下さいませ。

(C)2011 NBGI (C)1997-2011 FromSoftware, Inc. All rights reserved.
スポンサーサイト















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。