スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

誕生日でした。

と言うわけで、2月19日。本日誕生日でございました。
結局何もせずに終わってしまった日ですが、目に見えた進歩がないと中々焦りがでてきますね・・・。


少なくとも同人とかイベントとかには手を出しておくべきだったなぁ、と今更思ったりも。
これからでも出来るのは確かですが、バイトの間にでもそういうのは出来たんじゃないかなーと思います。
そういうところで積極性が足りてないよなぁ、と。・・・反省。


ただ、こういう時周りに経験者が居ないのは困りますね。
どうしても手探りになってしまいますし、形式とか手順を把握しずらいところが出てきます。

・・・そもそも飲み込みがよろしくないので、ある程度は仕方ないような気もしないではありませんがw




 話は変わりますが、Pixivのランキングやツイッターなんかで小耳に挟んだこちら

あくまで個人的な感想なのですが、今一つ共感というか、そういう物がなかったなぁ、というのが正直なところです。

僕は漫画家ではなく原画家志望なのですが、目標の違いを抜きにしても主人公の行動指針に違和感を感じたというのか。

 恐らく、『絵やマンガを描く動機』が、共感出来なかった一番の理由なんじゃないかなと思います。


子供の頃から『描きたいから描く』のが行動原理でしたし、認められたい、褒められたいという感情が一番ではなかったんですよ。
そりゃあ周りから褒められたりすれば嬉しいですし、そういった顕示欲は当然あります。
というかそれがなければ『人に見せよう』とは思わないですからね。

ですけど、自分が何を描きたいか、何を見せたいかという部分を持たずに描いても、当然ながら面白いモノは創れないと思います。


結局、『好き』を見失い『何を描きたいか、何を伝えたいのか』のテーマを得ることなく、『負の感情ばかりの顕示欲』に突き動かされ、創る過程で好意的な意見だけを拾っていった結果ですから、あの結末は仕方ないことなのではないでしょうか。



そもそも技術なんてモノ、大学でも自分から動けば色々と学べるモノなんですよ。・・・僕はお金の問題で退学しましたが(白目
例えばコネだの、仕事のこぼれ話、基本的な技術だとか。通っていた大学には現職の方もやはり居ましたし、得るところは多くありました。実際それまでと違って、大学は『自ら学ぶ場』なんですよね。
義務教育的に教えて貰うのを待ってるだけだと、そりゃあ大したことはないですし、専門系なんて本があれば学べるくだらない講義が多いかも知れません。

しかし、使える限り使えれば、大学も十二分に価値があるモノだと思います。


ただ、僕も大学から絵を描き始めるという人に嫌悪感を感じたことはありました。
当時の自分自身、そういった大学や専門学校などに過剰な期待をしてたんですよ、正確には『自身と同期となる学生』に。

 その結果、『これから絵を描く』といった人の割合が比較的多かったことに拍子抜けしたのは事実です。
高校の時点で仲の良い友人からも『専門とか芸大なんかだとお前レベルが最低ラインとかだったりしてなw』などと言われてて身構えてたもので。

事実、たまたま自分の学科の同期にたまたま『これから』の人が多かっただけで、他の学科などでは当然のごとく僕以上が居ましたので、すぐに持ち直せましたし『格上の人間から盗む』ことと『同期や友人に教える』ことを両方出来たのは技術という面では技術という面ではラッキーだったかもしれません。


・・・まあ、肝心の『テーマ』はまだ模索中なんですけどね。
今の所は『活きたキャラクター』を描けるように、というのが目標でしょうか。




あとは『着エロ』。

これに尽きます。あと柔らかそうな肌が描けるとなお良いですね(キリッ


今だから暴露できますが。
割と昔からの趣味なので、意外と譲れない一線だったりします。

クラスメイトに「エロ絵描いてくれ」って言われても、断固として胸や股間は見せませんでしたからね・・・(白目

ヒプホさんに差し上げたHit記念絵はかなり例外ですよ!

いや、ホントに全裸のエロ絵なんて数えるほどしか描いてないんじゃないかな・・・



結局なんやかんやで終わった誕生日なのでした、まる。
スポンサーサイト

お誕生日おめでとうです!
これはまだ描けてない19さんのイラストに合わせてKOUさんのも描かなくちゃあいけないな…
いっそのこと、イラストで二人を絡ませt(略

こちら>
あぁ、うんうん。概ね私が言いたかったことを表現しきってくれてた…
文面の特性はまるっきり違うのに、言ってることはほぼ同じっていうのは面白いことですよねぇ…なんていうか、「凄いね日本語!」って感じです。
こういうクリエイティブな仕事してる人間の原動力は、突き詰めていくとジョジョの岸辺露伴のセリフに集約されていくような気がします。

『着エロ』>
そのグリン子は甘くてクリーミーで、こんなに素晴らしいエロ絵を貰える私は特別な存在だと感じました
レアなケースを貰えたとわかったらなんだか余計にあのグリン子が嫌らしく見えt…ふぅ
つまり次は着エロのグリン子エロ絵なんですね!(チラッ
by: ヒップホッピー * 2011/02/21 00:42 * URL [ 編集] | TOP↑
















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。